アフターピルによる避妊

下にアフターピルのアイピルによるときの、スパン個々人避妊成功率をまとめました。
・性行為以下常時以内の投薬    95%以外
・性行為以下25~48スパン以内の投薬  85%以外
・性行為以下49~72スパン以内の投薬  58%以外

 

避妊失敗してしまった性行為によってスパンが経過すればやるぐらい、アフターピルの避妊効果は下がります。

 

※アフターピルのアイピルはノルレボのジェネリック薬で、低価格でノルレボ同効果の急場避妊薬だ。

 

エラに関しましては、5日間まで効果が貫くアフターピルだ。

 

ピル,低用量ピル,値段,通販,市販,効果,副作用,最短

 

アフターピルによる避妊の機構
アフターピルの行為には、プロゲステロン(黄体ホルモン)の行いが凄まじく関わっています。

 

プロゲステロンの行いは、排卵4週が経過するとエストロゲン少なくなって来るが、この時期にプロゲステロンが排泄され、子宮に卵子が着階層行える状態にすることです。

 

そうして、プロゲステロンの分泌がなくなると共に生理が起こります。 こういう行いによるのがアフターピルだ。

 

アフターピルを服用したこと、配合されているプロゲステロンが放出された時とおんなじ状態になり、プロゲステロンが無くなったら生理が発生します。

 

アフターピルを服用する事で、世の常服用してから3太陽程度で生理が発生します。

 

世の常、セックスから妊娠するまでの間隔は週間~10太陽度合時間がかかります。

 

これは、卵子に精子が受精していたとして、受精卵が子宮まで移動して現れるスパンだ。

 

つまり、先日に生理が起こった場合は、受精卵の着階層を防ぐ事がやれるという機構で、アフターピルの避妊効果があるのです。つまり、出血が避妊実現のシンボルにもなるのです。

 

しかし、アフターピルを服用したこと、100百分率避妊やれるというわけでは有りませんので注意が必要だ。

 

アフターピルを投薬以下、長期間生理が欠ける場合は、受胎の確認が必要でしょう。

 

基本的には、アフターピル使用後には、出血の有る無い関わらず、受胎見立てが必要でしょう。

 

ピル通販TOPへ