様々な避妊計画

様々な避妊手立て
受胎の構造を学んだ周辺で、次は避妊手立てだ。

 

 

口径避妊薬(OC)
淑女ホルモンが含まれた錠剤を日毎服用する事で、受胎中に間近い概況を作り出します。

 

その為、排卵が回避・精子の子宮時参加の回避・子宮時膜に着フロアーがしにくい状態になります。海外では主流の避妊法で、まさに使用すれば、約99.9百分比の避妊確率を誇ります。

 

ピル,低用量ピル,値段,通販,市販,効果,副作用,最短

 

 

避妊テクニック(男女)
ダディー、淑女どちらかが、オペにて精管や卵管といった精子や卵子のルートを切断する事によって、避妊を行う手立てだ。

 

一度、オペを行えばそれほど100百分比ものの避妊が可能ですが、オペをひとたびしてしまうと小児が作れなくなってしまうので、のちのち小児を作らないことを前提として行なう必要があります。

 

 

子宮時避妊ツール(IUD)
子宮時避妊ツールを子宮内に挿入する事で、受精卵の着フロアーを防ぐ手立てだ。ピルと均一以上の避妊効果があります。

 

一度、設置すればしばしにわたり効果が持続しますが、発足や排除は医者として味わう必要があります。

 

また、お産経験のない女性には向いていません。月経痛が悪化したり、月経による出血高が変化したり、副作用等もあります。

 

 

コンドーム
オチンチンに装着する事で、精子が腟内に入るのを防ぐ手立てだ。

 

避妊に失敗する可能性も厳しく、避妊ツールというよりは性感染症警護に効果をスタートする。

 

 

殺精子剤
精子の用途を殺す薬剤を、セックス前に腟内に挿入します。避妊に失敗する可能性も激しく、副作用も憂慮されています。

 

その他、リズム法と呼ばれる受胎しやすい間を思惑し、その時機はセックスを避けるといった手立てもありますが、あくまで思惑としてリライアビリティはありません。

 

オギノカテゴリーや、原則体温法などが有名です。

 

ピル通販TOPへ